追悼 阿久 悠さん5アニメ「ザ・ウルトラマン」エンディング愛の勇者たち

1979年に放映された当時円谷プロがサンライズ(現日本サンライズ)にアニメ担当を依頼して制作した「ザ・ウルトラマン」の歌詞を紹介します。個人的にエンディングノ「愛の勇者たち」がものすごく好きで生きる希望というか原点になる詞なのでそっちを先に書きたいと思います。歌のささきいさおは「宇宙戦艦ヤマト」の主題歌でも有名で、この詞も阿久悠さんだったですね。本当日本人の夢と勇気を書き続けた作詞家でした。

愛の勇者たち

作詞/阿久悠/作曲:宮内國郎/歌:ささきいさお

心を砂漠にしてはいけない

乾いた心に夢はわかない

僕らが胸に飾る勲章は愛と夢と男のロマン

銀河は今日も美しく、誰もが眠りにつくときに

ひた走る ひた走る 愛の勇者たち

恐れにこの目を閉じちゃいけない

恐れに歩みを止めちゃいけない

僕らが君に送る勲章は愛と夢と男のロマン

地平は今日も紫で 誰もが幸せ願う時

ひた走る ひた走る 愛の勇者たち

ザ・ウルトラマン

作詞/阿久悠/作曲:宮内國郎/歌:ささきいさお

誰もが知ってるウルトラの戦士

光か 疾風か 音か 今燃える

緑の地球を汚した奴らは決して許しておけないぞ

ウルトラマン

誰もが待ってるウルトラの戦士

嵐か 礫(つぶて)か 風か 今駆ける

この世のルールを乱した奴らは

宇宙の果てまで運び出す

ウルトラマン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メビウス最終三部作Ⅲ「心からの言葉」

突然だけど、ウルトラマンメビウス最終3部作の2部まで書いて、肝心の最終回を書き忘れたので、今書きたいと思います。(映画版の続きも後日書きます。

もう半年前のことだから、今更ながら昔のことは忘れたが、リュウがガンクルーザー特攻して大破した所で前回は終わった。ミライがリュウさんと叫び絶望してたっけ。その時、リュウがウルトラマンヒカリに変身、そしてミライもメビウスに変身、

しかしエンペラ星人はやはり強い。ヒカリやメビウスの攻撃を軽く平らげ、メビウスは消滅。しかしその後仲間の絆によってメビウスはGUYSクルー全員で変身。ここで仲間の絆が認識される。そしてスペシウムエネルギーを源にしたファイナルメテオール解禁!!

さらに歴代のウルトラ兄弟、初代マン、セブン、ジャック、エース、タロウ、レオ、そしてアストラまでもでた、80、(ユリアンは???)総登場。エンペラ星人が仕掛けた太陽の黒点を消そうと総動員だ。

さらにゾフィーはサコミズに託されて託して、変身。

ナイトプレスはウルトラマンキングからウルトラマンヒカリによって引き継がれたことも明らかにされる。

ウルトラマンやGUYSの絆によって無敵のエンペラ星人はうち砕かれ、光の粉になっていく。今まで闇だった自分は絆という力によって光になって行くことを悟る。

結この世の邪悪な侵略者らと戦い続けた歴代ウルトラマンだったが、この世のいかなる邪悪な闇も希望の光になればいいというシリーズを通じての願いかな。

最後はGUYSのみんなもファントン星人やカコちゃんも帰るべき所に帰ったと言う感じかな。

この最終回がやってた当時は、突然観察会をずっと一緒にやってた人が亡くなるという悲報http://kenchan111.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_d2d9.htmlの中、記事を書き損ねたけど、やはりメビウスが終わって、ウルトラマンシリーズがこれで当面打ち切りと言うのは寂しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼 阿久 悠さん4 感動の「星空のバラード」

追悼 阿久 悠さん4 感動の「星空のバラード」

阿久 悠さん作詞のウルトラマンレオ挿入歌の「星空のバラード」です。
レオは美しい故郷の星獅子座L77星と家族をマグマ星人によって滅ぼされた孤独なウルトラマンとしてのレオ(おおとりゲン)の心情がよく表われている詩と曲といえます。
レオの唯一の故郷の友達ロンが凶暴怪獣となって地球に襲来したとき、ゲンが公園でさびしくギターでこの曲を弾いてた時は泣けてきた。さらにレオの最終回のラストでゲンがヨットで海に旅たったときにこの曲が流れたとき、レオは生涯忘れることができないまばゆい作品となった。阿久悠さん素晴らしい詞を残してくれて本当にありがとう
ではその感動の星空のバラードです。

星空のバラード

阿久 悠 詞 川口 真 曲 真夏 竜 歌

窓を開け、星空を見つめていても、帰る故郷はもう見えない。
今はもう思い出にすぎないことが、俺の心ではまだ生きている。
蒼い夜空に歌うこの歌
届け 届けよ
愛した人に
ただ一人さすらう男の頬につたう淋しい星空のバラード

明け方の流れ星見つけて思う
あれは故郷へ届く便り
美しいあの星は二度とは見えぬ
暗い彼方へと消えて行く
蒼い夜空に歌うこの歌
届け 届けよ
愛した人に
できるなら あの頃 あの日のままに戻りたいのさ
星空のバラード

そういえばもう一つのレオの挿入歌「MACのマーチ」も阿久悠さん作詞だったが、詞がかなり忘れてるので、またの機会にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼 阿久 悠さん3ウルトラマンレオ新主題歌

「ウルトラマンレオ」第14話からの主題歌です。前回の主題歌の歌詞が世紀末のようで暗いイメージがあるので、この主題歌に変更になりました。

戦え!ウルトラマンレオ

作詞/阿久悠  作・編曲/川口真

歌 ヒデ夕樹、少年少女合唱団みずうみ

レオ! ウルトラマン

レオ! 君の番

レオ! 戦え

レオはそこまできている

レオは怒りに燃えてる

赤い炎をくぐって やがて現れる

平和を乱す敵は この手で叩き伏せる

それがレオの使命 それがレオの願い

獅子の瞳が燃えて 嵐たちまち起こり

戦う戦う ウルトラマンレオ

レオを呼ぶ声響けば 

レオは今すぐ答える

空の果てからマッハで

すぐに飛んでくる

鍛えた技を捧げ、威力の武器を持って

そんなレオをみたか 

そんなレオが好きか

獅子の瞳が燃えて 嵐たちまち起こり

戦う戦う ウルトラマンレオ

レオ! ウルトラマン

レオ! 君の番

レオ! 戦え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼 阿久 悠さん2ウルトラマンタロウ主題歌

Photo_2

前回の記事に引き続いて、阿久 悠さんはウルトラシリーズの中でレオの他にウルトラマンタロウの主題歌の詞も手がけているので、一緒に歌おう。

写真はウルトラ兄弟に倒された怪獣の怨念が合体して生まれた怪獣タイラントです。頭がシーゴラス、耳がイカルス星人、腕がバラバ、胴体がベムスター、足がレッドキングのパーツとなっており、ウルトラ兄弟を苦しめましたが、最期は力尽きたところをタロウに倒されます。

では、ウルトラマンタロウの主題歌です。

阿久 悠 作詞 川口 真 作曲 少年少女合唱団みずうみ 武内太郎 唄

タロウ ウルトラマンナンバー シックス ウルトラの父がいる ウルトラの母がいる
そしてタロウがここにいる
空を見ろ 星を見ろ 宇宙を見ろ
かなたから せまりくる赤い灯を
何かが地球におきる時 腕のバッチが輝いて
タロウが飛び立つ タロウが戦う タロウ タロウ タロウ ウルトラマン タロウ

ウルトラの父が来た ウルトラの母が来た
そしてタロウがやって来た
あれは何 あれは敵 あれは何だ
謎を秘め 襲い来る侵略者
力が欲しいと願う時 腕のバッチが輝いて
タロウが飛び立つタロウが戦うタロウ タロウ タロウ ウルトラマン タロウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼 阿久 悠さん1ウルトラマンレオ主題歌

先日、あの日本の歌謡曲(懐かしい響きだ)の詩で多くの人の心に宝を遺した作詞家の阿久 悠さPhotoんがお亡くなりになりました。ピンクレディーのUFOや都はるみの北の宿など5000局もの詞を書いてきたのですが、第2期シリーズのウルトラマンシリーズの歌詞も手がけてきたので一緒に歌いましょう。

まさに恐怖のマグマ星人襲来で、地球の破滅を目前にして何とか戦おうという情熱が感じられますね。(写真は通り魔宇宙人カーリー星人対ウルトラマンレオ)

<阿久 悠 作詞
川口 真 作曲
真夏 竜 少年少女合唱団みずうみ 唄

宇宙にきらめくエメラルド(エメラルド)

地球の最後が来ると言う(来ると言う)

誰かが立たねばならぬとき誰かが行かねばならぬとき

今この平和を壊しちゃいけない

みんなの未来を壊しちゃいけない

獅子の瞳が輝いて ウルトラマン・レオレオレオレオレオレオ燃えろレオ 燃えろよ

突然嵐が巻き起こり(巻き起こり)

突然炎が吹き上がり(吹き上がり)

何かの予言が当たるとき何かが終わりを告げるとき

だれもが勇気を忘れちゃいけない

優しい心も忘れちゃいけない

獅子の瞳が輝いて ウルトラマン・レオレオレオレオレオレオ燃えろレオ 燃えろよ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

セブン誕生40周年を記念にウルトラアイ購入

セブン誕生40周年を記念にウルトラアイ購入
今日は仕事オフなので、名古屋のデパートでやっていたウルトラマン関連の展示を見てきたのだ。
どのみち今日はかなり暑いから、疲れ気味の体で自然散策する気力はなかったし。
ウルトラセブン誕生40周年ということで当時の怪獣対決写真パネルやウルトラアイウルトラガン、カプセル怪獣のカプセル、ウルトラ警備隊の制服や身分証明書、ポインターの模型などが展示されていた。
さらに撮影で実際操演で使われていたと思われるクール星人の模型やピット星人やガッツ星人の円盤の模型なども展示されていた。
いろんなウルトラマングッズが売られていた。
なかでもグドンやセブンのガレージキッドはすごくほしいな。
そして今日はダン役の森次晃嗣さん監修のウルトラアイを購入。
これからはセブンに変身できると思うか。

森次晃嗣公式サイドhttp://www.ultra7.us/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

メビウス最終3部作Ⅱ「絶望の暗雲」

 メビウスは迫りくるインペライザーを倒すため、再び自らのダメージが大きいメビュームダイナマイトを使い、限界にきていた。

サコミズ隊長「ウルトラマンの心に、ミライのがんばりに応えよう。 ウルトラマンを信じた人々の思いを無にしないためにも!!」
そして空間転移で別のインペライザーが出現!!

ミライ「ぼくも一緒に闘います。…地球の人たちはウルトラマンメビウスを必要としてくれました。その思いにぼくは応えたい! それにここはぼくたちの思い出の場所ですから。」

だがインペライザーはついにフェニックスネストまで襲撃しかけて、いかなる攻撃もなすすべもなく、絶体絶命状態だった。

そこへ、ザムシャー、サイコキノ星人カコ、ファントン星人とかつてメビウスと縁が深い宇宙人たちが登場、援軍する。

ザムシャーはインペライザーをあっさり一刀両断で大破させた。さすが、かつて2体のマグマ星人とバルキー星人を難なく倒し、メビウス、ヒカリと善戦をしただったことだけある。強い…。そして「勘違いするな。きさまは俺が斬ると決めた相手だ。」のせりふがかっこいい。

そして、ファントン星人は持ち前の物質圧縮能力でインペライザーの破片をさらに細かくして、カコの念動力であるPK波でバラバラになっても、再生可能なインペライザーの破片を宇宙空間に放り出し、再生不能にさせ、見事な連携プレーを成し遂げた。

カコちゃんはかつて人間不信気味で、地球人にいたずらを越えた悪さをしてきただったけど、そんな彼女を自分の妹として接してくれたミライの心にうたれ、倒れかかるミライを抱きかかえる。 そして「ミライの妹だもん」と思いをうち明ける。

サコミズの「見ているか、エンペラ星人。これが、我々のの紡いできた絆だ」というせりふもいい。

そしていよいよ

宇宙大皇帝エンペラ星人 地球に降臨!!

3万年前に怪獣軍団を率いてウルトラの星の侵略を企んだ宇宙人の大ボスで、ウルトラの父によって撃退された。エンペラ星人が登場時、暗雲が立ちこめ、街が破壊され、廃墟となる特撮は圧巻だ。

さすがにエンペラ星人はウルトラの父と一騎打ちをして蹴りがつかなかっただけあって、強さが半端ではない。ザムシャーの剣も片手であっさり蹴散らせ、強大なカコの念力も全く歯がたたず、逆に吹っ飛ばした。

ミライはメビウスに変身出来ない状態。そしてウルトラマンヒカリ登場!しかしやはり強大なエンペラ星人には歯が立たない。

エンペラ星人から、フェニックスネストを守ろうと盾になるザムシャー。力つきてしまう。

ザムシャーが絶命寸前に光の粒となり、「これが守るということなのだな、メビウス…」と悟って消えていった。かつて己の力だけを信じ、強豪宇宙人と戦いを挑み勝つことだけを生きる価値を見いだしてきた彼にとっては仲間を守るために命を捧げ、最高の感慨深かっただろうが、ミライの手の中でザムシャーの命の光りの粒の一つをとって、すぐ消滅する様はあまりにも悲しい。己の力だけを信じていたというのは、かつてヒカリがハンターナイトツルギとして、故郷を破壊しつくしたホガールを追って地球にきたころと重なるのではないか。

ヒカリはザムシャーの劔でエンペラ星人の脇腹を切ってエネルギーがつきてしまう。ヒカリはリュウに、「リュウ、メビウスを地球を頼んだぞ。」といい残して消滅してしまう。ヒカリの人間体であるセリザワ隊長とリュウの絆と友情が伺える。しかし、リュウがガンクルセイダーでエンペラ星人に突撃したけど、エンペラ星人の念動力であえなく大破。

あ~ 次回最終回では歴代ウルトラマン総登場なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メビウス最終3部作Ⅰ「皇帝の降臨」

 とりあえず、諸事情で中断してしまった2ヶ月前に書きかけの記事を発掘。ネタが古くて申し訳ありません。

 今回のメビウスから、最終3部作に突入。

いきなり、インペライザー13体が地球の各国に飛来。

 謎の皇帝が地球人類がメビウスを引き渡して地球から追放しないとインペライザーは各国の都市を破壊するという。このシチュエーションはかつてウルトラセブンの最終回「史上最大の侵略(後編)」でゴース星人が人類に全面降伏を要求して、リミット内に従わないと地底基地からミサイルを送り込んで各国の都市を破壊しまくったシーンを思い出す。

確かこのときのゴース星人は降伏すれば火、星の地底基地に移住をさせてやるとか言っていたな…。

東京に一体のインペライザーが出現したとき、メビウスの闘いぶりは熱狂しまくりで、前回と違ってかなりいい線まで追い詰めていた。かつてウルトラマンレオに教わってリフレクト星人を粉砕したレオキックの炎バージョン(メビュームキックとでもいうのかな)、メビウスキラーをなんとか倒したウルトラダイナマイトのメビウスバージョン メビュームダイナマイトなど出し尽くして、当然ながらダメージを大きく被った。ミライは脈拍360・血圧400・熱は90度近くというこれまたセブン最終回のモロボシダン状態だった。

一方、あの憎きジャーナリストヒルカワが再登場、ミライの正体がメビウスであることを週刊誌で暴露 波紋を呼ぶ。

いつもお調子もののトリヤマ補佐官が名セリフを残した。

「わたしは知っている。ヒビノミライという青年を。
 彼は不器用だが、だれより一所懸命、だれより優しく、誠実だ。
 彼はわたしのかけがえのない部下だ!」

そして、あのサコミズ隊長がGUYS総監ということを自ら暴露

感動のせりふが…。

「地球は我々人類自らの手で守り抜かなければならない。ウルトラ警備隊キリヤマ隊長が遺した言葉です。この言葉はウルトラマンが必要でないといっているわけではありません。
 彼らの力だけに頼ることなく私達も共に戦うべきだと伝えているのです。
 最後まで希望を失わずウルトラマンを声援する。それだけでも彼らと共に戦っていると言えるのです。 彼らに力を与えることができるのです。お願いです。今こそ勇気を持って下さい。侵略者の脅しに屈する事なく人間としての意志を示して下さい。ひとりひとりの心の声に従い、最後の答えを出して下さい。」

「声援して勝てれば苦労しないぜ」というヒルカワに対して、静かにと女性アナに制されてしまって、ヒルカワの立場が無くなりいい気味と思った人も多いのでは…。

「どんなことがあってもミライを引き渡したりしない。それが人間の出した答えです。」

そしてついにタイムリミット!!再び、現れたインペライザーに体力が十分回復しないままメビウスに変身するミライ。

ガイズフェニックスが炎上して、次回はいよいよ宇宙大皇帝 エンペラ星人 登場!!なのだ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

さようなら ウルトラ警備隊のソガ隊員

モロボシ ダンとしては悲しいニュースが飛び込んできた。ウルトラ警備隊時代、ダンと比較的仲ガよかったソガ隊員こと阿知波信介http://www14.big.or.jp/~hosoya/who/a/achiha-shinsuke.htmが亡くなった。

鹿児島県霧島市「犬飼滝」で遺体で発見されて、高血圧治療を苦に自殺の可能性が強いらしい。

悲しいけど、謹んでご冥福をお祈りします。

阿知波さんは現在アクターズプロモーションの社長で、元女優の多岐川裕美の夫で離婚して、その間に生まれた娘が現在女優の多岐川華子http://www.sunmusic-brain.com/profile_p.php?id=89です。

ソガ隊員といえばセブンの「一人ぼっちの地球人」で婚約者が登場し、「第4惑星の悪夢」でダンと一緒にスコーピオン号で第4惑星に漂流した射撃の名人のウルトラ警備隊きっての好キャラクターだった。

セブンではウルトラ警備隊キリヤマ隊長やV3のクラタ隊長がすでに故人になって、つい最近メトロン星人とダンがちゃぶ台で対話するシーンが印象深い(パチンコセブンでなじみがあると思う)「狙われた街」を手がけた実相寺昭雄監督も亡くなってしまい、時代の流れと寂しさを感じるけど、ウルトラシリーズに思いを寄せたときめきの心はいつまでも失いたくないし、これから生きる子供たちにもずっと持ち続けてほしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)