雪の海上の森

今日は自分が担当する海上の森の観察会だったけど、雪だった。森のしんしん降りしきる雪の花びらがImg_5664_2 Img_5652 Img_5649 舞い落ちImg_5665 る音を聞いたら、すごく心が和んだ。雪って暖かいな。Img_5633_3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

海上の森のふるさと親子観察会の案内

このごろはなかなかブログ更新できなくて申し訳ないです。
自分が主催する観察会のお知らせです。
虫好きな子どもや子どもを持つ人、 そうでない人もよかったら参加してください
ふるさと親子観察会の御案内
開催場所 瀬戸市海上の森
開催日:2007年10月28日(日)
集合時刻:午前 9:30    
解散時刻:14:00 
集合場所:愛知環状鉄道「山口」駅前
主  催:愛知県自然観察指導員連絡協議会
テーマ:海上の森で秋の虫たちの観察
参加費:無料
雨天時:中止
バッタやトンボと遊べるのだ。
詳しくは尾張自然観察会のHPまで

| | コメント (1) | トラックバック (1)

9月の海上シデコブシの会

  報告遅くなりましたが。9月8日に海上シデコブシの会の観察会を海上の森で行いました。残暑厳しかImg_1398_4Img_1345Img_1413_2ったけど、参加者が比較的少なかったのでいろいろ湿地など色々回ることができました。

また尾張自然観察会のHPにレポート文がアップされるので参照ください。余裕があったらこのブログで報告したいと思います。

写真はミズトンボ、ツルニンジン、ヤママユガ、ハッチョウトンボとシラタマホシクサです。Img_1479_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海上の森のホットケーキタケ

海上の森のホットケーキタケ
海上の森で、見るからにおいしそうな焼きたてほやほやのシロップののったホットケーキのようなキノコに出会いました。
名付けて「ホットケーキタケ」

ところで、最近疲れでブログアップ控えると言っておきながら、更新させていましたが、少しまた眼が充血気味に…。
やはり無理は行けないのでしばらくは控えさせていただきます。
すいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海上の森の青い子蛙


続いて撮った写メ。

大正池近くのアカソの葉の上にシュレーゲルアオガエルが止まってた。

確かにかわいいな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月6日の海上大正池


昨日の海上の森でいくつか写メを撮ったので送りましょ〜。

梅雨の晴れ間の大正池の水面に写る空はきれいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネジハナ in 海上の森


今日は今度の観察会の下見を兼ねて、海上の森へいってきました。

最近仕事がハードだから、たまの休みに森に行くのはすごく体がえらいけど、森に入るといっぱいの緑と透明な水、フレッシュな空気、そして沢のせせらぎと鳥のさえずりが心を空っぽにしてくれますね。

みられた花は割合少なかったけど、ハエドクソウやノアザミの花は可憐でした。

ヤマノイモやオトギリソウ、オカトラノオの花ももうすぐ盛んに見られそうです。

そう。今日は去年と同じ場所に珍しい湿地性のオオヒカゲが見られました。

写真はガードレールが入っているけど、海上の森入口の矢田川沿いに咲いてたすごく大きなネジハナです。

一つ一つの花をよくみると、やっぱり蘭ですね。

今日は体がもう動けないのでこれまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海上の森のイソノキの花の蕾


蕾の中に目立たない小さなかわいい花が混ざっています。

海上の森では意外にたくさんイソノキが自生してることがわかったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

23日の海上大正池


報告遅れたけど、先日23日の海上の森の大正池です。梅雨の晴れ間に深い緑の水景色ですね。

霧がかかればなおいとおかしかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海上大正池の水の綾

少し前の話しだけど、先日6月13日に仕事休みだったので「海上の森を楽しむ会」の観察会に参加しました。観察会の模様は僕が語るより、HPでの報告文を見てもらうことにして、http://kaisyo55.web.infoseek.co.jp/index.html帰りに寄った水が満たんにたまった大正池の様子がさりげなく頭の映像に焼きついていていたので少し書き込みます。この日、まだわずかに風薫る森にひっそりたたずむ大正池に風が水の綾をつくってしばらく一人で綾の表情をみて心にメロディーを浮かべていた。森や山に出かけて小川や湖で見る水の綾に出会う度に、自然に心にBGMが奏でられるのは不思議だ。

そういえば、この日もムヨウランに逢うために大阪からはるばるきた人がいて、今年はムヨウランがまた増えたのできた甲斐があったようだ。

はっきりいって、ムヨウランが高い新幹線代を払ってまで海上の森までくる価値があるのかまだまだ青い自分にはわからないけど、自分も小さなフジミドリシジミの鮮やかなサファイアブルーの翅の飛翔が見たいために、わざわざ初夏のブナ林に行ったことがあるから、憧れのものを求めての旅ができるって幸せなことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)