« サコミズ隊長が「温泉に行こう3」で河童に成り下がる…。 | トップページ | 相生山のヒメボタル »

ナヨクサフジ

通勤途中のおがせの畑にナヨクサフジがまっさかりにはびこっている..。



紫と空色のコントラストが本当にきれいだ。
ナヨクサフジはヘアリーベッチとして、レンゲ代わりに緑肥、雑草抑制のために植えられているヨーロッパ原産のマメ科植物で、植物体の成分に含まれるシアナミドという科学物質が雑草抑制を促してる。
岐阜県の県花はレンゲで、通勤途中でも結構レンゲ畑がみられるけど、一時レンゲは帰化昆虫のアルファルファタゴゾウムシの大発生で、レンゲ畑が大打撃を受けて衰退してその代用として導入が盛んになったヘアリーベッチという訳だけど、蜜源植物でも有効らしく、クマバチやミツバチが結構集まってきている。
でも繁殖力は強そうだから放置すると、周りの空き地や林をあっという間にブルーで覆いつきそう。ナヨクサフジが蔓延った景観はエキゾチックな美しさがあるが、これを良しとするか否かは、去年外来生物法で「特定外来生物」に指定されたオオキンケイギクが今の時期、空き地を黄金色の絨毯をひきつめたように拡がって群落を作っているのをどう思うかに通じると思う。

|

« サコミズ隊長が「温泉に行こう3」で河童に成り下がる…。 | トップページ | 相生山のヒメボタル »

身近な自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164436/6611785

この記事へのトラックバック一覧です: ナヨクサフジ:

« サコミズ隊長が「温泉に行こう3」で河童に成り下がる…。 | トップページ | 相生山のヒメボタル »