« さびしい(?)2月の終わり | トップページ | 今日ひな祭りの自然散策 »

わが家族のジャンガリアンハムスターの死

先日紹介した名のないジャンハムが今朝死んでしまった。やつれてなくきれいなままだった。ここのところの急な冷え込みで弱ったのかな。もう生まれて2年だし…。

ハムスターはつぶらな目と鼻をぴくぴくさせて可愛い口をみせて近寄ってくるのがなんとも可愛い。一生懸命たべてる姿も可愛いに加えて感動するし。短い寿命の中で精一杯可愛く生きる姿はハムならではって感じがする。マウスやシマリスも同じげっし目だから似たような可愛さはあるけど、やはり言葉で表せないハムの魅力がある。だから今後も早く死が訪れるという悲しい事実を覚悟しながらハムと付き合っていきたいと思う。寿命が短いほど過ごす時間が大切に思えるからね。

それにしても最後まで決まった名前を付けなかったのはかわいそうだったかな。

|

« さびしい(?)2月の終わり | トップページ | 今日ひな祭りの自然散策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164436/5538092

この記事へのトラックバック一覧です: わが家族のジャンガリアンハムスターの死:

« さびしい(?)2月の終わり | トップページ | 今日ひな祭りの自然散策 »