« 次回のメビウスはジャック(帰ってきたウルトラマン)郷秀樹登場!! | トップページ | 海上の森でNHKのTV取材 »

2月18日海上の森を歩く会観察会

今週の日曜日、海上の森を歩く会観察会先導役を担当しました。

 先導する予定だった人が体調不調のために急遽引き受けることになって、資料とコースがちゃっかり用意してありました。尾張自然観察会としてこの会は3月で無くなり、自分は手を引くことになるからフィナーレに近い有終の美を飾ればと思った。ひょっとして自分が先導することになった状況ができたのけじめをつけさせるためのせめてもの配慮かなと思いました。

雨が上がった後の観察会ということで参加人数はいつもより少なかったけど、比較的穏やかな天候に恵まれた。

旬のマンサクは盛りだけど枝に花つきは少ない。参加者の一人が言ってたけど、岐阜で蔓延しているマンサクの葉枯れ病の影響かなという声があがった。

http://www.cc.rd.pref.gifu.jp/forest/rd/ikurin/0303gr.html

八曽近くの犬山のマンサクも花つきが少ないみたいだし。花つきが悪いのは最近森の樹が大きく茂って暗くなった影響もあるかな。森のヤマウグイスカグラやオオウラジロノキも元気なくなってきてるし、森が遷移が進んだ分、暗くなって多様性が低下しつつあるような気がする。

途中の斜面で、ラフレシアのようなというか今が見頃のスズカカンアオイの花のような不思議な形のキノコの仲間ツチグリがたくさんあった。真ん中の茶色くて丸いのは内皮と言うんだけど、地面に落ちている栗のそっくりでツチグリの名前もそれにちなんでいる。その内皮を弾いて煙のような胞子がたくさん出てくるのは結構受ける。外側の花びらのようなものを外皮というんだけど、これを栗のいがに見立てるとは本をみて初めて知った。

日当たりのいい所にダンゴウバイの花をみに行ったけど、まだ蕾だった。1月にかなり蕾が膨らんでいたのでずっと暖かいし、もう見頃かと思ったけど開花まで意外と時間がかかるなと思った。ハンノキ、サクラバハンノキ、アセビもかなり咲いててネジキのこの時期独特の赤い枝がよく目立つな。そういえばヤブツバキの花数が意外と少ない。

集落のサテライトの縁側でカケスの姿が近くでよく見えて、青い羽が肉眼でもよく見えるくらいだったです。

海上集落で梅が見頃です。

尾張自然観察会webページhttp://www006.upp.so-net.ne.jp/symbio21/

では眠たくなったので今日はこの辺で。

|

« 次回のメビウスはジャック(帰ってきたウルトラマン)郷秀樹登場!! | トップページ | 海上の森でNHKのTV取材 »

海上の森」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164436/5410866

この記事へのトラックバック一覧です: 2月18日海上の森を歩く会観察会:

« 次回のメビウスはジャック(帰ってきたウルトラマン)郷秀樹登場!! | トップページ | 海上の森でNHKのTV取材 »