« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

今日の出勤日間違えた後の散歩道

今日は仕事オフだったのにも関わらず、日にちを間違えて出勤したため、仕事帰りに各務が原市須衛町の天狗谷遺跡を通って、東海自然歩道を散歩しました。

仕事用のシューズだからさすがに足は疲れるので、各務ヶ原カントリークラブのゴルフ場周辺の林をくるっと回って、寒洞池で引き返しました。池の近くでエナガ、シジュウガラのほかマヒワ、ベニマヒコがみえました。池の周辺はこの時期やたらハンノキの花穂が目立ちます。今年は暖かいから寒洞の名前のイメージがぴんとこないな。

おがせ池の東斜面の山里にある梅もよくみるとちらほら一輪ごとに開花してるし、羽場町の田んぼの周辺で日当たりのいいところでもうヒメオドリコソウが咲いていました。

でも明日から急激に冷え込んで平野部で雪が降るらしい…。体がついていけるかな。

木曽川ではスズガモ、キンクロハジロ、コガモ、カルガモとかは結構いたけど、オシドリは結局一羽もみつけられませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒメアカタテハ

Photo_31 Photo_32           

今年はうららかな暖冬のせいか、ハエやアブなどが晴れた日に飛び交うのがよくみられる。

雑木林を歩いていると、成虫越冬するチョウの仲間キチョウ、ルリタテハ、ムラサキシジミなんか飛んでる姿がみられるときもあります。

この時期の成虫越冬の身近なチョウとしては河川敷などでみられるヒメアカタテハがなかなかいい。

可憐な姿のうえ、翅のオレンジの生地に黒の紋、前翅先端の黒白縞模様のシックな柄はおしゃれな感じさえします。

幼虫の食草がハハコグサなどキク科の雑草が多いので、河川敷や耕作地や公園などかなり人手が加わったところでみられます。

しかも世界的にに広く分布するコスモポリタン種で、可憐な姿に似合わず、かなり広い範囲を移動するようです。

うららかな午後の日差しの河川敷の蕾が開きかけのセイヨウカラシナの葉に止まっている暖かい冬の舞姫ヒメアカタテハでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お天気キャスター

 あったかい笑顔のお天気キャスターのお姉さんの予報を聞くと、出かけるのがハードな予報(雨、雪、台風)の時でもがんばろうと思えてくる。

 以前も書き込んだNHKの「元気です日本列島」の関嶋 梢ちゃんはまさにそんな存在だ。それにしてもこの番組の彼女の存在感はすごい。番組がショートカットされても、「梢の天気」だけでなく、ライブカメラで日本各地を回るのを解説する「天気の旅」もちゃっかり放送する。きっと梢ちゃんの大ファンの番組スタッフがいるに違いない。

梢ちゃんの笑顔とお話は心がすごく和むからお勧めです。

あとお気に入りのお天気キャスターは同じくNHKの「ニュース7」土日天気担当の山本 詩織さんもお好きなのだけど、あんまし天気のお姉さんという感じはしない…。ちなみに「ニュース7」平日天気担当の半井 小絵さんがだしている著書「お天気彩時記」(かんき出版)は以前書店で衝動買いしたけど、自然現象と文化のことがやさしく学べて、彼女の人柄も知ることができるのでお勧めの一冊です。http://www.amazon.co.jp/半井小絵のお天気彩時記-半井-小絵/dp/4761263695

そしてもう一人、メーテレの「どですか」土曜天気担当の植木 奈緒子ちゃんが好きです。

彼女は梢ちゃんのように暖かい笑顔が魅力だけど、おしとやかな雰囲気も胸にしみる。

左頬のほくろもまたかわいい。もとスッチ―らしいけど、空での活躍の写真もみたいな。

ところで気象予報士の試験は苦手な物理学の計算式のようなものがでてきて、頭がくらくらしたけど、試験にパスする人って優秀だなって思う。

お天気キャスターは偉大なのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ウルトラマン先生に会えたかな

今日のウルトラマンメビウスhttp://hicbc.com/tv/mebius/「思い出の先生」はウルトラマン先生ことウルトラマン80http://www7.plala.or.jp/shoryu/ultraman80.htmlの登場なのだ。オープニングの円盤生物のロベルガー二世対80とメビウスの戦いもよかったが、あの矢的猛(長谷川初範)務めていた桜ヶ丘中学校のその後の生徒が当時の個性を踏まえて成長しているのもサービス満点だ。桜ヶ丘中学校は廃校(さびしい)になるらしいが直前の同窓会の中で80が教師として地球で過ごした答えが思い出という結論に達したことをひたすら映像でよく訴えてくれた。もっとも80をみたことがない人には思い出というのは情感を占めるためピンとこないこもしれないけど…。

マイナスエネルギーから生まれた怪獣ホーも目に大粒の涙を浮かべていたけど、教え子と80の絆の結び手だったとは…。

ところで80の最終回のタイトルは

あっ! キリンも象も氷になった!!

なのだ。 劇中にこのようなシーンがあったけど、ラストにこのようなタイトルはせっかくの思い出も浮かばれないな。

ちなみに80には少年の暴走族を憎む心が実体化した「妄想ウルトラセブン」というのが出てきて、暴走族を次々に襲う話もあるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬のうららかな日よりのおがせ池

Photo_35 Photo_36 Photo_37 今年の冬は暖かいので日中は本当にぽかぽか陽気が多い。

おがせ池は慌しい出勤時の林道で朝日に光る水面は静かだけど、嫌なことがあっても、今日も一日がんばろうって気分にさせてくれる。帰りはおがせ池に映る夕闇や街の明かりが水面に映るときに今日の仕事の疲れを癒してくれて、失敗して自己嫌悪に陥りがちな時でも、それでもよく頑張った、明日がまたあるって語りかけてくれる。通勤途中に水景色があるって、雑木林や山里の景色があるのと同じかそれ以上にいい。

前は遠いし、疲れるから今の仕事は嫌って思ったけど、この頃は仕事でみんなに支えられている暖かみを感じることができて、通勤途中の山里や田んぼやおがせ池の水景色などが心の情景にすることができるようになってきた。

これから少し先で、水景色のある場所で貧しくてもつらくても、互いに支えあって家族のほのかな暖かみと小さな幸せを感じながら生きていけたら、自分自身の幸せに関してはこれ以上望まないって思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「温泉に行こう」で椎名 薫とサコミズ隊長を応援しよう!!

昼間CBCで再放送している「温泉に行こう」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mikalin/onsen.htm

加藤たか子(マニア的にいえばもとリップスの一人なのだ)のファンでもあり、彼女演じる椎名 薫のキャラが大変気に入ってって、いつもビデオ録画してみていたのだけど、今日で最終回、あ~あと思ってたら、明日から続編の「温泉に行こう2」がスタートするというのを聞いてラッキーと思った。このシリーズはかなり見逃したのは多かったし。

そういえば、このドラマの蔵原の旅館の支配人演じる田中 実はあの「ウルトラマンメビウス」http://hicbc.com/tv/mebius/の防衛チームGUYSJapanのサコミズ隊長なのだ。

メビウスではウルトラシリーズ史上初めてあの宇宙警備隊長ゾフィーの人間体が登場するらしいが、サコミズ隊長の正体がゾフィーではないかというという世間のうわさもあるのだ。

サコミズ隊長の眼力は高く、映画版のウルトラマンメビウスhttp://www.ultraman-movie.com/でザラブ星人が地球人をわなに陥れるためにメビウスに変身して、街を破壊したが、みんなはニセメビウスを見抜けなかったが、サコミズ隊長だけはニセウルトラマンメビウスの画像をみて一発で偽者と見抜いたのだ。

ちなみにザラブ星人は昔、ニセウルトラマンに変身して街を破壊したが、科学特捜隊のムラマツキャップは見抜けなかった。

まあ、何はともあれ、冬休みに「温泉に行こう」で支配人が出てるのをみて、「サコミズ隊長だ!」と思わず叫んだ子どもはいるに違いない。

これからも椎名 薫と支配人の恋や人生の行方を見守ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次回のメビウスにウルトラマン先生登場!!

1月27日のウルトラマンメビウスhttp://hicbc.com/tv/mebius/にはウルトラシリーズの中でもマイナーなウルトラマン80(エイティー)http://www7.plala.or.jp/shoryu/ultraman80.htmlが出演します。

当時1980年に放映され80代の新しいウルトラマンなので80なのですが、このウルトラマンでの最大のユニークさとアピールポイントはウルトラマン変身前の人間体の時の職業が小学校の教師であるという点です。まさにウルトラマン先生である。しかも、放課後と休日は地球防衛軍UGMで勤務するといった究極の2足のわらじをはく男の中の男,これが80の人間体、矢的 猛である。授業中に怪獣や宇宙人が襲来したらどうするだという疑問は当時からあったが、このウルトラマン先生の授業に支障のない時間帯にあわせて街を襲撃する律儀な敵キャラだということです…。

矢的 猛を演じるのは憎まれ役を演じて名高い長谷川初範、最近では宮崎あおい主演の連続テレビ小説「純情きらり」で貫禄いっぱいのピアニストで音大教授の西園寺氏を演じていた。このこの初範はまだ20代前半の若き熱血教師役でウルトラマンとして活躍していたのだ。

当時、金八先生の影響をうけての時代背景から企画されたウルトラマン先生であったが、ドラマに不可欠な怪獣出現の背景は次のとおり

地球人の邪悪な心(劇中ではマイナスエネルギーとも呼称)が怪獣を生み出すという設定を導入し、ウルトラマン80は怪獣と直接戦うだけではなく、怪獣を生み出す人間の心にも教師として取り組むというドラマ作りが行なわれた。

その後ウルトラマン先生の路線は止むを変更せざるをえなくなりますが、事情はおおよそ以下のとおり。

学園ドラマの設定を導入した事は、生徒が学園生活で出会う問題と怪獣の発生を絡めた佳作をいくつか生み出した。しかし、番組の長さが30分ではいじめや不登校、異性交遊などの当時の教育問題と怪獣を並立して描く事に限度があり、第13話以降は学校教師としての設定は切り捨てられ、UGMを舞台として隊員たちの活動を描くドラマに路線変更された。設定上、第13話以降も矢的猛は教師を続けていたのかどうかは劇中では語られていない。実在の学校施設を借りてのロケ撮影の日程を組む事が制作スケジュール上の制限となっていた事も一因であると言われているが、その後も何度か路線変更をしている。

以上のことを踏まえて今度のメビウスをみればウルトラマンの奥深さを一層味わえます。

当時のウルトラマン先生のクラスの同窓会のあり、矢的 猛こと長谷川 初範も当然ゲスト出演します。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

踊り葉牡丹

  おがせPhoto_30池の縁に植えてある踊り葉牡丹です。

おがせ池の近くの民家の玄関先に40cmくらいの踊り葉牡丹があるけど、とても優雅でおしゃれで気に入ってます。

踊り葉牡丹は春にとう立ちして黄色い菜の花が咲く姿がいささか間が抜けたような姿になってしまうのが難点だけどね。

春に葉牡丹の花が終った後、花と葉を摘み取って脇芽を出させて生長させて作るらしい。

Cida_1今ベランダにある葉牡丹を仕立てて、来年舞子葉牡丹にしたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とっとこおいらの家族ちゃん

わが家族の一員を紹介します。(おいtらのカプセル怪獣ではないのだ)

Cid_a0001_7

Cid_a0001_8

  

名前は未だはっきりない…チビと呼んでいる。♪とっとこ走るよ〇〇〇♪って歌えないな。

キャベツが大好物で大福くらいの大きさの切れ端をあっとゆう間に筋だけにする青虫のようなやつで、筋までしゃぶり続けます。

自分の頭より大きなかぼちゃの切れ端も平らげ、まさにスーパーベジタリアンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄資源を狙う宇宙人

最近、愛知県蒲郡市で電線が盗まれたりするなど、組織ぐるみで金属が盗まれ、中国などに流れているらしいが、モロボシダンの立場からしたら、ウルトラセブンの逸話「勇気ある戦いhttp://www2.u-netsurf.ne.jp/~okhr/sight7/page38.htm

で登場した車を食べるロボット「クレージーゴン」を操るバンダ星人の再襲来かと思ったのだ。バンダ星人の地球にきた目的は侵略ではなく、母星で鉄資源が極度に不足しているため、ロボットを使って車を資源回収しにきたのだ。(早い話が車泥棒だー)

http://www.asahi-net.or.jp/~FT1t-ocai/jgk/Jgk/Public/Fan/Misc/tdf_01.html

セブンとしての当時の思い出としてはあの不恰好なロボットの風貌に似合わず苦戦したが、心暖まる交流があったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の小牧山観察会

今日は小牧山自然観察会に参加しました。

いつもはこの第2日曜は可児やすらぎの森で定例観察会をやるんですが、今回はスペシャル版です。

ちなみに自分がこの観察会に参加した理由は一昨年まで小牧で仕事していてなつかしかったこと。家から自転車で行ける距離だったということでした。

少し早く到着したけど、植物愛好家の集まりなので進むのがすごく遅い…。天気は比較的よかったけど、北斜面で吹き抜けの風がびゅーとくるので結構寒さに堪える。

長年伐採されずに残した森だけあって、ツブラシイ、タブノキ、クスノキの巨木が並んでるし、ヤブツバキの蕾たくさんとカクレミノいっぱいと照葉樹林特有の壮厳な光景が広がり、薄暗いイメージがありました。でも樹幹から射す木漏れ日が細かい葉が風にたなびく時に緑の影絵とステンドグラスのように揺らいで心暖まるものがありました。山頂付近でみる御岳も雪が覆ってその一帯のパノラマは見事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国ギフチョウ・ヒメギフチョウ保全シンポジウムのお知らせ

自分のMLで紹介したけど、ギフチョウのシンボジウムこのブログでも紹介します。日本にギフチョウ、ヒメギフチョウが住める里山を増やしていけるよう夢に向かってGO!!

 全国で行われているギフチョウ、ヒメギフチョウの保全の現状を紹介し、保全とは何か? 里山全体の生物の保全をどう進めていくか? また、それを地域の活性化に結びつけるためにどのような工夫がなされているか?
 そうしたテーマについて考える場として全国ギフチョウ・ヒメギフチョウ保全シンポジウム」が以下のとおり開催されます。
 チョウ、里山など、広く自然に関心のある方はもちろん、どなたでも参加することができます。

◆名称:全国ギフチョウ・ヒメギフチョウ保全シンポジウム
◆日時:2007年1月20日(土)10:00~16:30
◆場所:岐阜県岐阜市文化センター(JR岐阜駅より徒歩7分)
http://www.k4.dion.ne.jp/~culture/aqs.htm 
◆主催:特定非営利活動法人(NPO法人)日本チョウ類保全協会http://japan-inter.net/butterfly-conservation/
◆後援:岐阜県・岐阜市・(財)岐阜観光コンベンション協会
◆参加費:1人\1,000(高校生以下は無料)
◆申し込み方法 郵送、FAX、E‐mailにて「シンボジウム申し込み」を明記の上、氏名、性別、所属、住所、電話、E‐mailを下記問合せ先まで申し込みください。
◆申し込み締め切り 当日参加も可能ですが、なるべく事前に申し込みください。
◆シンポジウムへの参加申し込み、当日のプログラムなど、詳細は次の案内ファイルをご参照下さい。
PDFファイル
JPGファイル
問合せ先
日本チョウ類保全協会 事務局
 〒257-0048
 神奈川県秦野市幸町4-18
 TEL 080-5127-1696 FAX 044-954-5848
 Email  butterfly-conservation@japan-inter.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の憩いのコガモ

このごろは日々の仕事や生活に疲れると近くの五条川や庄内緑地とかでカモをみると癒されます。

家の近くの五条川ではコガモの群れが10羽くらい泳いでいたり、休んでいたりします。コガモの黄色いお尻や頭の緑と小豆色のサングラスのような配色もおしゃれながら、何と言っても小さな体でひょこひょこ数匹護岸から歩いて泳ぐ姿はすごくかわいいです。(声も以外にかわいい)http://www.gt-works.com/yachoo/zukan/tori/kamo/kogamo.htm

カモの泳ぐ川面にうららかな冬の日差しが輝く光景って冬の自然の暖かみをもっともよく感じられるひとときだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海上の森の続き

そういえば昨日の海上の森を楽しむ会の観察会ではシデコブシの蕾が膨らんでいたのはもちろん、ヤマウグイスカグラの蕾が枝の先端でかなり赤くなったりしていました。

湿地ではサギソウやミミカキグサが生育しているところで、イノシシに泥浴びされてかなり荒らされていました。やはり里山の荒廃で海上の森でイノシシが増えすぎたことによる自然の大きな警告かな。ただでさえ海上の湿地でサギソウがどんどん減っていく現状の中、今年から海上のサギソウは大丈夫かなと不安に思う日でもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初の尾張自然観察会での海上の森を楽しむ会

今日は休みが取れたので、2007年最初の「海上の森を楽しむ会」http://kaisyo55.web.infoseek.co.jp/index.htmlの観察会に参加しました。

同時に尾張自然観察会http://www006.upp.so-net.ne.jp/symbio21/の保険に加入してから初の楽しむ会の観察会でもあります。自分は一応尾張の自然観察指導員の身なので観察会をサポートできるかなと様子見を兼ねて参加させていただきました。やはり自分が主催している海上の森を歩く会のようなぎすぎすした感じが全くなく、リラックスできる雰囲気でした。(というかこれが普通なのかな)

 

冬の時期だけあってみるものは少ないですが、鳥はヒガラ、マヒワ、ベニマヒコなどみるかとができて、上空でオオタカがベアリングで空中戦に近い追いかけあいをみることができ、手前でハイタカもみることができました。

冬の海上の森の澄んだ水が最高!!

そう スズカカンアオイも開花していました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

通勤時の雪地獄!!

今日は通勤時に大雪になり、全身雪だるま状態で会社に着いた。

確かに杉やカエデ、雑木林の木々に雪冠が覆って、雪のおがせ池などは最高に風情があったが、なんせ雪で視界が見えにくく、自転車がスリップしそうではらはらするし、時より吹く風で自転車は横に傾きそうになり危なき目に…。しかもこのところずっと暖かくて寒さにあまり慣れていないせいか足元に染み込む雪の冷たさとうなじに走る風の冷たさが身にしみて久しぶりに寒いと感じました。

以前紹介したセブンの作品「零下140℃の対決」のダンの心境と忍耐をちょっと味わいました。

http://www2.u-netsurf.ne.jp/~okhr/sight7/page25.htm

帰りは冷たい雨に変っていましたが、坂道がスリップしてアドベンチャーものでした。

やっぱ雪ってかなり生活を困難にするものだと実感しました。(でも雪は大好きです)

最近温暖化のせいか日本で雪の降る日と量が少なくなって人間だけでなくシカやイノシシが快適だと見えてそれが原因の一つで増えすぎると思うと、今年の雪の少ない快適さを複雑に実感するのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵みの暖冬??

今日は久しぶりのまとまった雨だった。

早朝の新聞配達も結構チラシの量が多く冷たい雨の中、堪えたし、通勤のときも雨でかなりつらかった。

でも考えようで本来この時期は雪降りで、雪だったら新聞配達も通勤も何倍もつらく疲れたものになるから、自分にとってある意味、恵みの暖冬だ。でも地球環境を考える時この暖冬はいいものかとふと考えてしまうが、長い地球の歴史の中でこんな年もあるのだと素直に暖冬を感謝することにしよう。冷たい雨の中、おがせの山里の森の霞を結構楽しみながらの通勤でした。(遅刻寸前だったけど)

それはそうと明日は強風と雪の予報、新聞配達は恵みの休みでラッキーだけど、出勤日なのだ。この間岐阜でうっすら雪が積もった時は山々をうっすら覆う雪化粧に思わず見とれてしまったが、今回は強風と雪でスリップして転倒したら大怪我するな…。雪景色はきれいだけどね。

どうか明日は無事に出勤して帰れますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真央ちゃん新春エアロと滑る

今日07年初のフィギュアスケートエクセビジョンで真央ちゃんが愛犬エアロを抱いてオズの魔法使いのテーマに載せて滑りました。なんかエアロはオズの魔法使いのライオンみたいでかわいいのだ。今回もトップでグーなのだ。http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20070104038.html

浅田舞ちゃんもスリムで華麗なプレーを見せてくれたし、中野 友加里ちゃんは傘で輪の舞を披露。

タバコやパジャマで表現したりするのもあってフィギュアって実に表現力豊かで奥深いものだなと思いました。

かなり心配なお知らせがあります。

真央ちゃんのライバルのキム ヨナちゃんhttp://yuu2.blogzine.jp/weblog/2006/03/post_7cbd.htmlが腰痛で初期ヘルシアを患っているということ、全治1カ月ってことらしいけど、腰にかなり負担がかかるから3月の世界フィギュア選手権に出られない可能性もあるらしい。

彼女は高いジャンプが売り物だから、腰はやっぱすごく負担かけているだろうな。こないだのミキティーも痛々しかったし…。

ヨナちゃんが心配でかわいそうで胸がいっぱいだな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海上の森新春ハイキング

昨日1月3日は海上の森で新春ハイキングにいきました。僕の友人など6人です。

いい天気であったかくて新年の新鮮な空気を思いっきり吸えて最高でした。

途中タンポポの翼のついた種を大きくしたようなものがたくさん落ちていました。何かみたことあるけど思い出せない。

後でものみ山山頂で会った海上の森を楽しむ会http://kaisyo55.web.infoseek.co.jp/の山本さんに会って一緒に山を下った時、山本さんがテイカカズラの実だということがわかった。

http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/sympetalae/apocynaceae/teikakazura/teikakazura.htm

長年観察会の主催者を務めながら、こんな初歩的なことも思い出せないのは少々情けないが、テイカカズラの花の後の鞘から翼のような実がバトミントンの羽のようにくるくる落下する様子をみんなで楽しんでいたようでした。

今日はあったかいのでコキクガシラコウモリhttp://contents.kids.yahoo.co.jp/zukan/mammals/card/0053.htmlmの住む洞窟に行った。洞窟は狭いし、懐中電灯は小さいし子どもも中に入っていくし、かなりハラハラしたけど、驚いて飛び立つ可愛いコウモリが5匹くらい天井に止まっていたり、飛び立ったりするのをみることができました。

年末年始6連チャンで仕事の後でかなり疲れてたけど、楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »