« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

祝!全日本フィギュアで浅田真央ちゃん1位

やりました。

昨日浅田真央ちゃんが全日本フィギュアフリーでで女子初の200点超えて1位!

://www.sanspo.com/sports/top/sp200612/sp2006123001.html

ショートプログラムでも大活躍

うれしい

 話は変りますが、僕は海上の森を歩く会の観察会主催を降ろさせてもらうことになり。よってブログのタイトルも変ります。今夜か明日辺りチェックしてみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

血を吐きながら続けるマラソン~ ダンの苦悩

今回はウルトラセブンネタです…。(興味のない人は読み飛ばしてください。)

  

セブンの作品には環境破壊を扱う作品が多かったが、核実験をテーマにした悲劇「超兵器R1号」について書きます。

http://www2.u-netsurf.ne.jp/~okhr/sight7/page26.htm

地球防衛国際委員会の湯川博士らは防衛基地内で惑星攻撃用の超兵器R1号を開発、実験場にはシャール星座第7惑星ギエロン星を摂氏290℃の灼熱も星で生物が住んでいる可能性なしの理由で選んだのです。

モロボシダンはこの実験を反対します。

このときの名せりふです。

ダン「侵略者は、超兵器に対抗してもっと強力な破壊兵器を作りますよ。」

フルハシ「われわれは、それよりももっと強力な兵器をまた作ればいいじゃないか。」

ダン「……それは血を吐きながら続ける悲しいマラソンですよ。」

結局ダンの反対も空しく、R1号によるギエロン星の核実験は実行され、木っ端微塵にギエロン星は破壊されました。

しかし、破壊されたギエロン星から地球に向かう巨大生物の存在が確認されたのです。

巨大生物はギエロン星獣。自分の星を破壊された復讐に地球に向かっているのです。

地球に降りた時に星獣は一度は警備隊によってばらばらにされましたが、一晩で復活、ギエロン星獣は放射ガス(R1号に含まれていた核物質か)を撒き散らし、次々と花の大地を枯れ野に変えました。

ダンはウルトラセブンに変身して星獣に挑みます。

セブンは苦戦の末、星獣の腕をもぎ取り、のどをアイスラッガーで裂いてようやく星獣を絶命させることができました。

苦い勝利です。

研究員の一人マエノ博士ははギエロン星獣は平和な生物でしたが、R1号による母国の破壊によって凶暴化したかもしれないと苦々しく言って、湯島博士に次のR2号製造中止を説得し、湯島博士は次の防衛会議で提案してみると言い、物語はエンドになりました。

この作品から30数年以上たっても、この作品のテーマは未だ色あせることなくずっしりと自分達にのしかかっていることにため息をつかざるをえません。

自分達も日々の暮らしの中でひたすら便利さと高水準の経済性を求めての血を吐きながら続けるマラソンを止めることができるかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無念!観察会当日に体調転倒…

せっかくテンプレートをリニューアルしたのに初っ端から失敗の記事ですいませんです…。

昨日は浅田真央ちゃんがGPファイナルフリーで転倒して2位に転落してので

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061216-00000515-yom-spo

観察会で真央ちゃんの悔しい分だけ頑張ろうと思いました。

しかし、観察会にむかう途中に急にめまいに襲われて、ふらふらして歩くことが難しい状態でした。しばらく休んでいましたが、時計に目をやると観察会開始まであと1時間しかないのに立つのが難しい状態でした。

観察開始時まで回復しそうもないので、現地に行ってるスタッフのSさんに電話しようと思ったら、

そうだ 昨日携帯を落としているんだ…。

携帯に相手先の電話番号を登録してるから、近くに公衆電話があってもしょうがない。

家に取りに戻るのも時間がかかる。一昨日電車の中で携帯を落としたのだから、体力を振り絞って歩いて名鉄名古屋駅の落し物預かり所で検索してもらうと金山駅にあるとのこと。

体をひきづるようにそのまま金山駅に向かい携帯を受け取り(よかった)、Sさんに体調不調になって観察会に遅れる旨の連絡をしました。そして駅構内でしばし休んで、めまいがかなり治まったので海上の森に向かうと11時近くになってしまいました。

この日のコースは東龍時からものみ山のショートカットコースだそうなので、駅からものみ山まで40分で行きましたが、まだダメージが残った体でかなり堪えました。

それからものみ山を下り、サテライトで昼食、大正池に向かいました。

その後先日亡くなった地権者のKさんの家の庭でお餅を焼きました。亡くなったKさんの弟が生涯一人でこの森の中で骨をうずめる覚悟で、Kさんのお通夜のときに海上に訪れた時にここでの情報を伝えてほしいとおっしゃっていました。、歩く会のメンバーで弟さんと交流をはかりたいと思ってた矢先に歩く会のメンバーが進んでこのような交流会のようなことをやって盛り上げてくれていることにうれしく感じました。

しかし僕は気分が悪くせっかくのお餅が食べられず、再びめまいがひどくなってきたので楽しい雰囲気を壊してはいけないと思い、この場をこっそり離れました。心配かけてすみません。

この日は30人近く参加者がきていました。、天気予報は雨でしたがうす曇の中、晴れてぽかぱか陽気でした。

真央ちゃんが転倒したのに連動するように僕も観察会で転倒でした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

号外1

号外です…… 

 

 

 

 

 

浅田真央ちゃんがロシアフィギュアGP最終日の昨日の女子フリーは2連覇にならず、2位で終わってしまいました。

http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006121601000614.html

ちなみに上のURLにあるようにミキティー5位、村主4位です。みんな必死に練習に明け暮れて体調不良だったみたいです。

首位の韓国のキムヨナちゃんも輝いていたから、祝福もしたいけどね。

男子フリーの高橋大輔も腹痛に耐えて2位までよく頑張りました。

実はまだ少しめまいがするけど、真央ちゃんの悔しさを挽回するよう今日の観察会の案内がんばろう!

しかし、今日は少し雨ムードの天候だから、問合せがあるだろうけど携帯はまだ見つかってないです。

一応雨でも集合場所で待ってますので…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気の力ください

この2、3日は変にめまいがします。ここのところの疲労でエネルギーランプが点滅状態かもしれません。

おまけに今日は仕事帰りにぼうっとして電車の中で携帯を落としてきてしまいました。あたかもモロボシダンがセブンの変身アイテムであるウルトラアイをよく落とすように…。ダンは侵略宇宙人が現れて必要な時にウルトラアイをなくすように、明日観察会で問合せ先が自分の携帯番号という立場にも関わらず携帯をなくしました。

なによりまだめまいがするけど、ご存じのとおり今日は浅田真央ちゃんがフィギュアGPショートプログラムで1位に輝きました。

http://sports.nikkei.co.jp/news.cfm?i=2006121600382n0&t=ski

さっき録画したビデオで真央ちゃんの雄姿をみたら少しだけ元気がでました。

真央ちゃんから太陽エネルギーの恵みを充電して明日の観察会なんとかやりとげたいです。

真央ちゃんへ

我にミラクルパワーをください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おがせ池のスイレン復活プロジェクト

今朝、おがせ池の正面の方の八大竜王堂のほうへ久しぶりに回ると、竜王堂におがせ池スイレン復活プロジェクトの看板がありました。ここ2年くらいおがせ池ではスイレンがほとんど見られなくなり、市民の努力でもう一度池にスイレンを復活させようとの呼びかけのようです。

http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11334/gifu-fc/hana/hana_01.html

そういえば今年の夏、毎日おがせ池の前を通ってもスイレンが見つからなかったです。

 おがせ池はある意味コンクリート張りの自然度の低いただの溜池ですが、通勤途中毎日通り、鯉に餌をやってる子どもをみたり、隅っこでとれたての野菜を売ってるばあさんの姿をみていると人と風景の一部が重なって、夏場仕事が終わった後、夕日に輝く水面の池はすっかりいとおしく思えます。

そんな愛着のあるおがせ池だから、地元の人の力でスイレンはぜひ復活させてほしいです。そしたらみんな地域の人の励みと誇りと愛着が深まるし。

PS,おがせ池の近くの池の樹にサギのねぐらがあって、多くのコサギなどが夕闇に帰る姿はかなり幻想的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物思うパンジー

最近またうつ気味なので、パンジーに囲まれて花言葉どおりもの思いにふけっています。

パンジーは花の色によって喜怒哀楽が全然違った表情に見えるから不思議です。

Cid_a0001_6Photo_25     Photo_27               Photo_28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「われらをめぐる現実の世界」(カーソン)より

Cid_a0001_2 久しぶりに少しまじめな記事を書き込みます。

今日は車中で時々読みふけっているレイチェルカーソン遺稿集「失われた森」(集英社)の中から生の自然に触れる意義について「われらをめぐる現実の世界(1954年)」の節の後半部分の文章を紹介します。

地球の並外れた美しさは、生命の輝きに満ち、花びらの一枚一枚に新しい思考をもたらす。
美しさに心奪われるとき、それは私たちが本当に生きている唯一のときである。
あとはすべて幻想、あるいは忍耐でしかない。

と、英国のナチュラリスト リチャード・ジェフリーズの著書の一節を引用します。

人間は自らがつくった人工的な世界に、あまりにも深く入り込んでいました。おそらく、自分自身と周囲の世界を破壊するための試みに突き進みながら、人間は自分自身の力に酔っているのでしょう。このような不幸な傾向には、単純な解決方法はありません。万能薬は存在しないのです。
けれども、私たちを取り巻く宇宙の神秘と真実をしっかり見つめれば見つめるほど、人間は破壊を好まなくなるはすである、と私は信じています。

レイチェル カーソン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日一日の事、そして真央ちゃんNHK杯シングル1位で涙止まらず

今日はなごや環境大学 共育講座心のアラスカhttp://bernerland.com/cocoro/愛知県芸術文化センターhttp://www.aac.pref.aichi.jp/frame.html?facility/facility_01.htmldeで受講しました。その後隣のNHK名古屋放送局の極北のシアターをみたり、局の地下でお寿司を食べて忘年会、そしてオアシス21http://www.sakaepark.co.jp/周辺を巡ったりケーキを食べたり、久しぶりにあんまり考えることなく過ごしました。

たまにはビルに囲まれた人ごみだらけの都会の真中もいいものですね。イルミネーションも街にあるものは刺激にあふれているし…。

そう 今日は浅田真央ちゃんがNHK杯の国際フィギュアスケートシングルでパーフェクトなすべりを見せて1位になりました。

そして真央ちゃんに続いて村主、中野とベスト3位に日本人入り、夢みたいに素晴らしいです。

真央ちゃんはサンタの妖精のような衣装で音楽に合わせ、音符が舞っているように流れにマッチしていました。それにも増して難しいすべりもなんどかはらはらするシーンはありましたが、ぎりぎりで持ち直して力強さを感じました。真央ちゃんのあまりのすべりの素晴らしさと成長ぶり、そしてロシアGP杯にでられるだろうと思ううれしさで涙があふれてかすんで、後半よくみえなかったので今度じっくりみたいと思います。

http://www.nikkansports.com/sports/f-sp-tp0-20061202-124887.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝  真央ちゃんNHK杯のショートプログラムで1位!!

またまた海上の森や自然観察とは関係ないけど、吉報!

今日浅田真央ちゃんがNHK杯国際フィギュアスケート女子ショートプログラムで2位の村主を6点も差を開いて第一位に輝きました。

http://www.nikkansports.com/sports/f-sp-tp0-20061201-124374.html

またノクターンの曲に乗って、ピンクの花の精のような衣装で完璧までに滑ってくれました。これでロシアのGPに出られる可能性も大でとても楽しみです。

浅田真央 舞公式サイド

http://www.maomaiasada.com/

去年NHK杯で優勝した中野 友加里ちゃんは最初見せ場で失敗したのは残念でした。

韓国のキム チェファ選手も美しかったです。

真央ちゃんの明日のフリーの滑りが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »