« 今日の定光寺定例観察会 そして注目明日15日海上の森を歩く会定例観察会!!! | トップページ | 浅田真央ちゃんは災難を吹っ飛ばす。 »

2006年10月海上の森を歩く会定例観察会

本日10月15日は海上の森を歩く会定例観察会でした。

行楽シーズンとあって.、30人以上の参加者が愛環山口駅に集まりました。

予想通りとはいえ、これだけの人数の参加者は気持ちが圧迫しますね。

スタッフは自然観察指導員名古屋支部のSさん、Nさん、それから昨日の定光寺観察会と呼びかけメールの苦心の末、定光寺自然観察会のOさん、可児やすらぎの森観察会、尾張自然観察甲斐webページ担当のYさんが加わってくれました。

今回は歩く会の常連で、主催者の僕や他の参加者の存在を圧倒する元気パワーの海上の森を歩く会の帝王スーパーウーマンKさんが朝から盛り上がって、駐車場~四ツ沢~海上川のコースを早足で登りました。僕がセブン(ダンが変身した姿)ならKさんはキングジョーでパワーの格が違います…(キングジョーについては下記のURLを参照)

http://plaza.rakuten.co.jp/waradama/diary/200512190000/

さておたくの話はさておき、10月の海上の森はいいですね。秋の穏やかな空気、風、少し朽木色に緑が混ざった静かな森の感触、沢の水が澄んで、こもれ日にあたると真珠を綴ったみたいに、透明の雫が連なり綴るような沢の流れは心までも透明で純粋にさせてくれます。

海上川の途中で古窯のあるところに登ってみたら、陶土の石がかなりなくなっていました。

やがて、アケボノソウのある群生地へ行き、アケボノソウの白い花にちりばめた緑状の点があって不思議な魅力にあふれた花でした。

そこにアキチョウジやスズカアザミ、マツカゼソウもありました。アサギマダラ、ホシホウジャク、マムシも見られました。

Yさんが撮った写真を尾張自然観察会のwebページにありますので、ご参照してください。

http://www006.upp.so-net.ne.jp/symbio21/

集落でキバナコスモスとコスモスが満開でアキアカネ、マユタテアカネなど赤とんぼが例年より数が少ないもののはざかけをした田んぼや収穫直前の黄金色一面の田んぼのうえを飛んでいました。

満員のサテライトの外で昼食をとった後、大正池へ行ったら水量はかなり減っていました。来月は底を歩けるほどになっちゃうんだろうな。

昨日の定光寺の観察会でシイの実をたくさん拾ったので、多度神社のシイのドングリを拾おうと思ったらほとんどない…。ここのシイの実は少し収穫するのが遅すぎたかな。

帰りもKさんとかなりテンション高く盛り上がっていましたが、盛り上がりすぎてみんなの中では迷惑だと感じた人もいたかな。

でもたまには楽しくはめを外して、観察会を盛り上げていくのもいいかなとも思ったりしました。観察会を楽しむことで周りの人や海上の森に親しみを感じて友達になれればすばらしいと思います。自然に親しむ心があればきっと自然を大切にする心が芽生えてくることを信じてます。

今日は色々ありがとう。まだまだ足りないところこれから直していきたいと思います。

眠たくなったからおやすみ

|

« 今日の定光寺定例観察会 そして注目明日15日海上の森を歩く会定例観察会!!! | トップページ | 浅田真央ちゃんは災難を吹っ飛ばす。 »

海上の森」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164436/3815230

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年10月海上の森を歩く会定例観察会:

« 今日の定光寺定例観察会 そして注目明日15日海上の森を歩く会定例観察会!!! | トップページ | 浅田真央ちゃんは災難を吹っ飛ばす。 »